完璧主義で傷ついた心が優しくなれるヨガの智慧「共感のワーク」*アヒンサ・非暴力

YouTube ヨガ哲学

自分を傷つけていませんか?

他者にはいつも気をつかって

決して迷惑をかけることなく優しいのに

自分に対してだけは厳しい完璧主義の人たち。

自分を心から褒めることができず、粗探し。

もっと頑張れと鞭うって、自分にパワハラ。

それが正義と思い込み、心の傷に気づかない。

私がまさに、それでした。

 

インドの先人たちから伝わるヨガの心得

「アヒンサ」は「非暴力」の教え。

人に対してはもちろん自分自身に対しても、

いついかなる時も、傷つけることなく

愛を持って接することが平和につながります。

「身口意」身体・言葉・心において、

厳しさではなくやさしさをプラスしましょう。
 
  

〜共感のワーク〜

アヒンサな生き方をしていくために、

まずは過去の心を癒していきましょう。

1. 過去に傷ついたことを思い出す。(つら過ぎない無理のない範囲で)

2. ハートに手をあて「辛かったね。悲しかったね。」と共感の言葉をかける。

3. 「大丈夫。もう安心してね。」と伝える。

4. 心たちが光で照らされ浄化されるのをイメージしてリラックスする。

 

私のYouTubeチャンネルでアヒンサについてや

アフォメーション瞑想の方法を詳しく解説しています。

毎日続けていただくと幸せになりますのでおすすめです。

やってみての感想もぜひ教えてくださいね。

関連記事