第三子を妊娠して、大きく変わった意識。仕事どうする?預け先や恐怖の教育費など♪*武蔵小杉・元住吉 美整体ヨガサロン

こんにちは*

東横線 武蔵小杉となり元住吉より2分 美整体ヨガサロン ルルアモーレ のゆりえです♡

第三子をお腹に授かってただいま妊娠4ヵ月。13週。

第二子を身ごもった時もそうでしたが、

第三子を妊娠してからのこの2ヶ月、

すでにいろいろな生活の変化が。

img_7099.jpg

 

~第三子を妊娠してからの慌ただしい日々~

①産前産後の仕事の仕方検討

まずいちばんに考えたのは仕事のことでした。

仕事柄、昨年次女を出産した時も、出産当日までサロンでヨガレッスンをしており

産後も1か月しっかり休んだ後には復帰していました。

ヨガ自体は、産前産後の体に良いことなので、

ぎりぎりまでお客さまと接し、産後1ヶ月で復帰する。

このペースは今回も同様にしようと思いました。

 

ただ、前回は、出産した日から復帰までの1ヶ月間は、完全にサロン休業していました。

今回状況がちがうのは、サロンの規模が前回よりも拡大しているということ。

 

実はこの1年間で、ベビーマッサージやリトミック、私以外の先生によるヨガレッスンなど

ありがたいことにパートナースタッフさんが増え、

1年前の2倍以上のレッスン数が行われるサロンに成長していたのでした(^^)

img_5849.jpg

前回のように、産後1ヶ月、まるまる休業するという選択肢もありましたが

せっかく仲間となるスタッフさんがいてくださるので

産後まもなくの私が動けない期間だけは、サロンのお掃除や、お客さまのご案内など

みなさんのお力をちょっとお借りして、サロンを休業することなしに乗り越えてみようかな・・

と決意しました*

 

いつも自分がやっていることを人にお任せする、というのは、やっぱりお互いに不安もあるもの。

しっかり事前にコミュニケーションをとりながら

私のいない産後1ヶ月間も、

いつもどおりの温かいサロン運営ができますように・・。

やっていければと思います(^^)♡

 

 

②第三子の預け先の確保

つづいて、ここ2ヶ月で最も心をさいて活動していたのが

第三子の預け先の模索です。

img_6010.jpg

昨年出産した次女についても、妊娠が発覚した時点でベビーシッターさん探しをはじめ

信頼する1人のベビーシッターさんと出会うことができました。

 

生後1ヶ月から、1歳になったいままで、毎日のように1日3時間お願いさせていただいてきました。

次女は、こんど第三子が生まれる春には、1歳半でプリスクールに入園予定です。

プリスクールは10~14時まで預けることができるので

幼稚園に通う長女と同様の時間帯で、預けることができるようになり

ある意味、ひとり立ちとなります(^^)

 

第三子についても次女と同じで、生後まもなく~1歳半まで、

長期でお願いできるベビーシッターさんを確保しようと思いました。

そして今回は、もともと次女をお願いしているシッターさんとともに

新たにもう一人のシッターさんを探して

2名体制で第三子をお願いすることにしました。

 

ベビーシッターさんはお人柄・経験が何より大切なこと。

やっぱり料金はふつうの保育園に預けるよりは高くなってはしまうのですが、

生まれたての大切な0歳代。

母である私の代わりに、心を込めて丁寧に接してくださる第三者とのご縁は

きっと子供にとってもかけがえのないものだと思います。

だって次女も、ベビーシッターさんのおかげで、とっても良い子に育ってるから(^^)

 

ちなみにベビーシッターさん探しについてですが

大手の派遣サービスは便利ですが、手数料がかかってしまったり

なるべく近所に住んでいて大きな交通費のかからない方、

希望の料金など、いろんな条件を満たす方を探すのは、けっこう大変ですが

私は、個人でHPやブログを持って活動している方にお願いする方針で探しました。

 

ご自身の世界観やポリシーを確立して、自分の顔と名前を表に出して堂々と活動されている方は、

志が高く、信頼できるからです(^^)

そしてその方の書く文章を読めば、お人柄も分かると思います。

でもやっぱり一番のポイントは、お会いした時の第一印象が

自分の心に与える安心感。

つまり直観ですね。

大切な子どもの命を人に預けるには、最悪の事態などリスクも覚悟したうえで

母親自身の、インスピレーションを、磨いて選んでくのが大切だなぁと感じます。

 

ちなみに新しいシッターさんも、とっても素敵な方でした。

ご自身でベビーマッサージ教室を経営している保育士さん。

第三子が、お二人の保育士さんにどんなふうに関わり成長していくのか

今から楽しみです*

 

 

③20年間の教育費とライフプラン

こうして①②が決まり、ひと段落したところで

とんでもない事実に私たち夫婦はやっと気が付くことになりました。

 

それは・・・

 

「教育費、はんぱない・・」

 

と、いうことです。

 

そんなこと、妊娠する前から分かってはいたのです。

一人の子どもにつきトータル毎月10万円かかっているとしたら

×3で30万円です。

分かってはいたのですが、いざ、具体的に5年後、10年後、と試算してみると

その家計を圧迫する過酷さが

じりじりと私たち夫婦の胸に迫ってきました(^^;)

 

そこで対策したのは、すでにかかっている教育費の見直し。

習いごとは毎月月謝として固定でかかっているので、

「子どもの将来のためだし」「削ることはできないしょうがないもの」として容認してしまいがちですが

それを抜本から見直してみることにしました。

 

例えば、長女は週3日、オンラインのキッズ英会話をやっているのですが

よく考えれば幼児の英会話にでてくるフレーズなんて、

親が教えられるレベルの内容なんですよね。

なので、退会して、

そのぶん、家庭内で英会話を使う機会を増やすことにしました。

 

英語はこれからの子どもには必須教科なので、

どのご家庭も必死に投資する分野かと思いますが

家で英語のDVDをかけ流しまくったり、洋楽を流したり

カタコトでいいので親からも積極的に英語で話しかけるように心がけるだけでも

なんとたった2週間で、長女のスピーキング力は目に見えて上がってきました。

 

「お金をかけなくても、子どもの学力・能力は上げられる。」

もちろん、プロにゆだねたほうが効率的なことは、習い事として通わせながらも

家でできることは極力、家で親が教える。

これをコンセプトに、わが家は、やっていければと思います。

 

 

④つわりなど体の変化

さいごに妊娠中の身体の変化としては、つわりのひどい症状はないのですが

すごく眠いときがあったり、気分が落ち込むときもあります。

 

とくに第三子となると、

「もう三人目だし、慣れてるから大丈夫でしょ~」と、

誰も心配してくれなくなります。

なので、自分だけでも自分を心配したりいたわってあげられるように気をつけようと思います(^^;)

 

~意識の変化~

img_7232.jpg

さてさいごに、意識の変化ですが、

大きな変化がありました。

 

実は、これまで私はとくに子ども好きというタイプでもなかったのです。

仕事柄も、子育てサロンのようなことをしてはいるので、

子どもたち全般には、もちろん優しい心を持ってはいますが、

べつに一緒に遊んだりすることが好きな方ではなかったのです。

 

だったのですが、

いま、次女が1歳となり、まだ赤ちゃんぽいあどけなさがとっても可愛く、

お腹の子もエコーで写真をみると、とっても楽しみで可愛く、

そうすると、次女や第三子をみるほどに

長女の小さなときのことを思い出し、その記憶の中の長女も可愛く、

さらに、こうしてみんな日に日に大きくなっていく過程をそれぞれ見ていると

5歳になった長女への愛おしさがどんどん増していき・・・

 

過去を振り返っても、未来に思いをはせても、

なんだかどこを見てもどっちを向いても、

どこもかしこも可愛くて・・・

母性愛が止まらない状態になってきてしまいました・・(^^;)笑

 

これまで、どちらかというと、

「早く大きくなって手がかからなくなってほしい。」

とばかり思っていましたが

「今、子どもたちと触れ合いたい!」

と思うように、意識がシフトしていきました。

 

これは私にとっては、母として人として

成長できたんじゃないかな・・

ってちょっと思える出来事でした(^^)

 

さてそんな感じで、三児の母として

歩み始めたこの頃です。

子どもを産んでみたい、

もう一人、考えている、

そんな人へ、なにか参考になりましたら幸いです♡

 

またいろいろ気づきがあったらレポートさせていただきますね。

 

ゆりえ

facebook blog ea