5/8-9(土日)天空の禅寺 秘境の大自然とつながるヨガリトリート2021

ヨガリトリート


こんにちは*

東横線 武蔵小杉となり元住吉2分《ヨガライフサロン ルルアモーレ》《ホームヨガライフ協会》代表のゆりえです。

さて2021年春、風の時代とも言われる新しい世界がいよいよはじまりました。

既成概念が大きく変化した昨今、一人一人が自分自身の独自の価値観を見極めることが、人生をより良くしていくうえで必要になってくるでしょう。

そして自分自身が心から「心地よい」と思える人とのご縁・つながり・コミュニケーションが、「私らしい人生」へと誘ってくれます。

皆さまの新しい時代が、革新的に幸せで豊かなものとなりますように・・・という思いを込めて。

この5月、日常の喧騒から離れて、静寂の中で自分を見つめる旅へご招待します。

5/8-9(土日)
天空の禅寺 秘境の大自然とつながるヨガリトリート2021

埼玉県秩父にある「大陽寺」。日本の“マチュピチュ”と呼ばれる秘境に建つ歴史あるお寺です。山々に囲まれ、澄んだ空気と鳥のさえずりに包まれる場所。

別名“天空の寺”とも呼ばれ、250年以上前からこの場所にあります。大自然の恵みを満喫できる露天風呂から見上げるのは満天の星空。

 
携帯電話も圏外で“デジタルデトックス”できる貴重な場所です。

自分の心を覆い尽くしているしがらみや余分な考えを手放し、目の前に広がる雄大な自然を師とし、飾らないありのままの自分がいかにすばらしいかということを気づいていきましょう。

そしてリトリートならではのプログラム、写経や読経、精進料理、座禅やヨガ、法話、人生を見つめるワークなどを通して、内なる自分と向き合う静かな過ごしましょう。

お寺と聞くと修行僧を思い浮かべて、厳しそう・・・と構えてしまう方もいるかもしれませんがご心配なく。「大陽寺」を一人で守る、26代目住職・浅見宗達さんが温かく迎えてくれます。

のんびりした時間の流れと大自然に包まれて、どうぞリラックスしてお過ごしください。

場所

✔️大陽寺 
埼玉県秩父市大滝459

鎌倉時代末期に後嵯峨天皇の第三皇子・仏国国師によって1313年に開山。断崖絶壁の山中にひっそりとたたずんでいることから、参拝者が訪れることのほとんどない時代も長くありました。

現在は車道も整備され、秩父鉄道の終点・三峰口駅のレトロな駅舎前から送迎車にて寺まで向かいます。

タイムスケジュール

【1日目】

14:40 (or 15:45)
✔️ 三峰口駅 集合
  ↓
 送迎車で20分。青々とした緑に囲まれた
 山道を上っていきます。
  ↓

✔️天空のヨガ
 大自然の偉大なるエネルギーを受けながらのヨガは格別です。1回目のヨガタイムでは丁寧にたっぷりと、生命エネルギーを体と心に染みわたらせましょう。
  ↓
16:00〜
✔️ チェックイン
  ↓

✔️写経
 縁側の戸を開け、美しい景色を前に写経。雑念から解放され、意識を集中させましょう。

写経とは、印刷技術がなかった時代に「般若心経」を覚えるために僧侶が紙に書き写したことからはじまったそう。黙々と続けていくうちに、少しずつ静寂な精神に。

ちょっと疲れたら、ふと顔を上げてみましょう。目の前の大自然と渓谷の音をBGMにふーっと深呼吸をゆったりと味わいます。
 
  ↓

✔️露天風呂
 順番に露天風呂へ。なんと和尚さんの手づくりだそう。

まだ明るいときに入れば、山の景色を楽しむこともできます。 日没後は晴れていれば満天の星空を見ながら湯につかれます。

  ↓


18:45〜
✔️読経

合掌をして、住職の声に合わせて「聖典」を唱えていきます。鐘の音が体全身に響いてくる感覚も醍醐味!

 ↓

19:15〜
✔️夕食
 和尚さんが腕によりをかけて作ってくれる精進料理。

精進料理は、動物性の食材を避けて作ります。仏教の戒律にもとづき、殺生を禁じているため、野菜や豆類、穀物を工夫して調理されています。

質素で味気ないイメージがありますが、ひとつひとつ真心込めて作られた料理はどれもやさしい味付けで、心と体にしみるおいしさ。

肉や魚が使われていなくてもしっかり満足感がある色鮮やかな品々。食事中はおしゃべりもOK。

 ↓

✔️天体ショー
 満天の星空を堪能しましょう。

 ↓

21:00〜 座禅堂へ

✔️ヨガ聖典のワーク
 インドの聖典ヴェーダの教えのエッセンスを学びます。人生を生きていく指針になる概念を知り、新しい生き方をイメージしてみましょう。ワークシートをもとに気づきをみんなでシェア。

✔️夜のキャンドルヨガ
 2回目のヨガタイムは眠る前に体をほぐしてリラックス。1日を振り返り瞑想でマインドフルネスなひとときを。全身を宇宙にゆだねる感覚。

 ↓

22:15〜
✔️就寝
 広々とした大きな和室でみんなでおやすみなさい。

できるだけ間隔をとり、隣同士で頭の向きが互いちがいになるように布団をセッティングいたします。


【2日目】

5:30〜
✔️起床
  早起きは三文の徳。

 ↓

6:00〜
✔️散策
 大陽寺から徒歩5分ほどの広場から、朝日が見られます。鳥の鳴き声に耳を傾けながら散歩。

見渡す限りの大自然を満喫しましょう。自由にヨガをしてもOK。

 ↓
6時45分~ 開山堂へ

✔️読経
 合掌をして、住職の太鼓の音を聴きながら聖典を唱えます。2度目なので、昨日より集中して心地良く。

 ↓

7時15分~ 座禅堂へ

✔️座禅
分厚くやわらかい座布団の上にあぐらをかいて座り座禅。

座禅のルーツはヨガにあると考えられています。ヨガと同じインドで誕生したお釈迦様の世界観を味わいましょう。

全員での座禅が終わったら、朝食まで自由時間。座禅堂のろう下でも座禅が出来ます。 眺めが良く、自然の中に浮かんでいるような感覚になるのでおすすめ。

 ↓

8時30分~
✔️朝食
 本日も手づくりの精進料理で朝から野菜をたっぷりいただきます。縁側で自然を眺めながら、ゆったりと朝食を楽しみましょう。

 ↓

✔️法話
 法話とは仏教用語で、お釈迦さまの教えを伝える説法のこと。住職が心の持ち方についてお話ししてくれます。悩みごとの相談を聞いてくださることも。

 ↓
10:30〜
✔️チェックアウト

 ↓

11:00〜
✔️山の神様とつながるヨガ
 神聖な太陽光を浴びながら最後の3回目ヨガタイム。この旅を振り返り、豊かな気持ちで微笑み合掌。この旅でつながったご縁に感謝です。

 ↓
12:30〜
送迎車にて三峰口駅へ
解散となります。


持ち物

タオル・歯ブラシ・パジャマ
座禅のゆったりした服装
ヨガの服装
防寒着
※ボディソープ、シャンプー、リンスはあるそうです。

ご注意点

携帯電話の電波が通じずテレビもない、情報から一切遮断された場所です。ご家族にはその旨事前にお伝えください。本堂の中はWi-Fiが入るので、災害などの緊急時は連絡できるのでご安心を。

料金 

25,000円(税込)
→3月中お申込みにて23,000円(税込)

※協会会員のホームヨガティーチャー講座ベーシックコース申込者・修了者以上は下記の特別料金です。
   20,000円(税込)
  →3月中お申込みにて18,000円(税込)

送迎・宿泊・入浴・夕食・朝食・写経・読経・座禅・法話・ヨガ3レッスン・瞑想・講座・ワークシートなど全てのプログラムの費用を含みます。

お申込み

コロナに留意し、定員に限りを設け、いったん3月末を締切とさせていただきます。

私も3人の子どもを夫にお願いして参加します。ぜひ一人の女性に戻れるひとときを共有できましたら幸いです。

現時点で行けるか決まっていなくてもご興味のある方は LINE[こちら]よりご一報ください。

遠くには清流の音、厳しい冬を通り越して芽吹く木々、それらが育む鳥たちのさえずり。

夜には満天の星たちが遥か数万光年の宇宙の時を刻む。

誰に見られる為でもなく淡々と、しかし威厳に満ちた大自然。

ここでは、人間の世界にいることさえ、忘れてしまいそうな光景が広がっています。


facebookea

関連記事

カテゴリー