北海道大地震。3人の子連れ旅行で被災した経験から*武蔵小杉・元住吉 美整体ヨガサロン

こんにちは*

東横線 武蔵小杉となり元住吉より2分 美整体ヨガサロン ルルアモーレのオーナー ゆりえです♡

 

前回ブログ

北海道の子連れ旅行におすすめのホテル「きたゆざわ 森のソラニワ」

の続きです。

img_5996.jpg

img_6376.jpg

なんと1泊目の晩に大地震が起きて

家族5人で被災してしまいました・・。

しかもホテルの場所は震源地の近く・・

 

実は私自身、大きな地震は人生3回目。

阪神淡路大震災の時には小学生でしたが父の転勤で大阪に住んでいて被災。

東日本大震災の時は、会社で被災。

 

そのせいか実際地震が起きたときにはそんなに驚かず

「結構揺れてるけどこのホテル耐震強度弱いのかな・・?」

といった感じで、

幸い子どもたちも怖がったりしていなかったので家族全員二度寝してしまいました・・(^^;)

 

朝方、たくさんの方から心配のお電話やメッセージをいただき

やっと事の重大さに気が付いたのは朝の6時半・・

 

確かに停電して、電気も非常灯しかつかず

水も出ません・・

エレベーターも止まっているので歩いて1階へ行くと

ホテルのほうで朝食を準備してくださっていました。

 

結局、空港も稼働していないし移動するのも危険なので

この日はもう一泊このままホテルに滞在することに。

 

トイレも使えない、お風呂も入れない、テレビもつかない、

スマホも電池に限りがある・・・

薄暗い部屋で心細くもなってきましたね。

 

子連れの家族としてはミルクをつくるお湯がないのが特に困りましたが

うちの子どもたちは常温の水でもミルクを飲んでくれたので助かりました。

あとはオムツも行きにドラッグストアで買っていったので足りなくなることもなくひと安心。

img_6102-1.jpg

でもこんな状況でもホテルのホスピタリティの高さには終始感動しました。

限りある資源のなかで工夫してつくられた美味しいごはんに笑顔の接客。

プロフェッショナルとは何か、見せられました。

 

何もできることがなくスマホもつながらずニュースも見れないしヒマすぎてホテルの屋上で家族ヨガ

img_6105-1.jpg

娘とブリッジ

img_6106.jpg

こんなときにもやっぱりヨガには助けられましたね(^^)

 

被災の現状をよそに

子どもたちは事態を分かっていないから本当にノー天気ではしゃいでいて・・

子どもの明るさと

自然の風景はとても美しくてそれらに癒されました。

あとはふだんできない昼寝をたくさんして体力チャージ!

img_6103.jpg

 

そして次の日

北海道でも一部電機が復旧しているとのことで

苫小牧の系列ホテルに移動しました。

 

途中、山崩れの現場を見て胸がつまりました。

信号ついてないところもありましたが

エリアによってはすでにコンビニなどもほぼ通常営業の場所もあり、復旧力に驚きました。

 

新苫小牧プリンスホテル「和〜なごみ〜」|【公式】北海道のビジネス

img_6135.jpg

ビジネスホテルなのに和室もついててなんかうれしい気分になりました。

大浴場もきれいでした。

本来はお食事も美味しいみたいなのですがレストランはお休み。

泊まれただけでもラッキーですね。

 

近所のコンビニも買い占められていたので夕飯をどうしようか途方に暮れていたところ、

とある小さなカフェがオーナーのご厚意でパスタのテイクアウトサービスをしてくれていました。

有難かったですね。

 

次の日はもともと帰りの飛行機を予約していたので

予定通り羽田に戻ることができました。

空港も再開2日目だったので、そこまでの混雑ではありませんでしたが

お土産屋さんなどは閉まっていました。

 

改めて・・

たった2日間でしたが家族で被災して

たくさんの気づきを得ることができましたね。

東京でこれが起こったら・・ということも考えさせられました。

小さな子どもがいるからこそ、しっかり防災用の備蓄が必要ですね。

 

あとは昨年キャンプにはまっていたのですが

キャンプ生活で学んだ知恵が

被災時にかなり役立ちました。

何もなくても生きていける力を、これから子どもたちにも伝えていこうと思いましたね。

 

元住吉の自宅に戻り

カフェ。

img_6229.jpg

被災を家族で経験してみて

ふだん大変に思ってやっていた日常のことが

なんてことないことになりました。

「大変だ」
「がんばらないと」

そう思っていた3人育児も
両立している仕事や家事も
苦手な人との人間関係も

ぜんぶなんてことない。

そして、これこそが幸せなのだと気が付きましたね。

 

これからの長い人生でもいろいろと起こると思いますが

メンタル的にも体力的にも余裕のある自分でいたいと思います。

 

そして家族や子ども、弱い人たちを助けよう。

と心に決めました。

 

旅行中はたくさんの方々から心配のmessageをいただき励まされました(^^)

停電中だったのでかんたんなお返事しかできませんでしたが心より感謝しています*

 

自然災害の多い国、日本で自分が他の困った人たちにできることは何か?

まだ子育て中なのでボランティアとかはなかなか行けないけど

北海道の方々には、こちらからできることを探してサポートさせていただければと思っています。

 

ゆりえ

 

 

facebook blog ea