「子育てのゴール」ってなんですか?第三子にしてやっと気が付いた、苦しいきちんと子育てから、私が輝く自由な子育てへ。*武蔵小杉・元住吉 美整体ヨガサロン

こんにちは*

東横線 武蔵小杉となり元住吉より2分 美整体ヨガサロン ルルアモーレのオーナー ゆりえです♡

 

img_1032.jpg

自分の子たちのうらやましい所、

をふと思いました。

 

長女は・・・

ずばり「元気さ」!

発するエネルギーの強さと、みなぎる自信。

生まれ持ったものだと思うけど

なんでこんなに自信があるんだろう?

わざわざ言わないけれど、自分のなかに絶対的な価値観があって、心の中では人の意見にまどわされてない様子。

 

自分を疑いながら生きてるタイプの私からすると、本当にうらやましいです(^^;)

「ありのままの自分OK!」

みたいな強さ、すごい。

 

次女については・・・

その「しぶとさ」。

 

可愛い顔して、何にも動じない、ず太い神経。

何をしても許されてしまう人懐っこい雰囲気。

抜け道をひょうひょうと通って

自由に生きていきます。みたいな感じ。

 

人の顔色を気にして生きてるお母さんからすると・・憧れる(^^;)

 

この人たちのように、動じない私になりたいと思う日々です。

自分にないもの持ってる子たち。

あなたのお子さんのうらやましいところは、

どんなところですか(^^)♡

 

img_0968.jpg

そして最近、気づいたことがありました。

「自分の子育てのゴール」って何だろう?

 

前は、子どもたちを

いわゆるきちんと「いい子」に「順調」に、育てることだと思っていました。

 

親ならだれもが望む普通のことかもしれませんが、

私は長女が生まれて5年間

日々、これを自分なりに目指しているうちに

だんだん自分自身が窮屈な気持ちになってくることに気が付きました。

 

そして子どもが2人、3人と増えるにしたがって、

子どもを思い通りに育てることに無理が生じ、

ストレスになっていったんです。

 

家庭で笑顔が無くなり、

どうしても子どもがかわいいと思えなくなってしまいました。

 

そこまできてやっと気が付いたのですが

そんな私みたいな親に、果たして

子どもたちが将来なりたいと思うのか?

同じ女性として憧れるのか?

ということ。

 

「きょうだいはいっぱいいて賑やかだったけど、

お母さん、大変そうだったよね。」

 

「お母さんなりに、がんばって育ててくれたんだろうけど、

もっと他にやり方あったよね。」

 

「子どもがストレスになるんなら、私は将来、子どもなんかいらないなぁ。」

 

「お母さん仕事もがんばってたけど、そのおかげでイライラして

結局私たち犠牲になってた気がするね。

あれもこれも、って、結局本末転倒だよね。」

 

そんな風に思われたくて私は子どもを3人も産むわけじゃないんです。

 

「忙しかったはずだけど、

なんかお母さん、いつも楽しそうだったね♡」

 

「小さいころからお母さんの笑顔にいつも救われてたなぁ。」

 

「大人になったらお母さんみたいに、

なんでも叶えて自由に生きていきたい*」

 

せっかくやるなら、娘たちにこう思われたいと思います。

0G2A8990

私の子育ての一番のゴールは、

こどもをきちんと順調に育てる、から

「憧れのお母さんになる」ことへ。

 

子どもたちを完全コントロールしようとする育児法は

いったん手放し、

まずは私自身が、いつも心地よくいること。

 

子どもたちにとっていちばん身近な大人である私が

日々、生き生きと笑顔で私らしく暮らしていること。

それが最も教育に良いことで、

子どもたちがそれぞれ自分の才能を発揮して生きられる子になるためにも

一番の近道なはずです。

旦那さんからしても、

奥さんがいつも笑っている方が幸せで仕事ももっと頑張れると思います。

 

第三子出産前に、目標が明確に定まって良かったです(^^)

 

 

先日は、「わらべうた胎教マッサージ」を学んできました。

img_1090.jpg

すごくおすすめです!

気になる方は、私のInstagramを見てくださいね♪

 

ネットで末っ子の洋服を買ってみました。

img_1114.jpg

初の男の子、楽しみです。

 

出産する北村医院のカフェ。

img_1017.jpg

いつも検診後に楽しみにしている

スイーツ&カフェset♪

img_1019.jpg

ワンコイン¥500の贅沢。

img_1015.jpg

 

また素晴らしい1週間になりますように・・・♡

 

ゆりえ

 

 

facebook blog ea